Travel Maker    全国温泉周遊記

目次
トップページ
日記
都道府県別レポート
実録!スキー場レポート
制作環境
ベストピクチャー
管理人紹介ページ


格安スキー・スノボツアーなら↑


ウィンタースポーツ用品なら↑
長野県下水内郡栄村 小赤沢温泉 楽養館
公式ホームページ:http://sakae-akiyamago.com/eat/349/

施設データ
住所:長野県下水内郡栄村大字堺18210 TEL:025-767-2297
風呂:内湯男女各1 圧注浴男女各1 打たせ湯、寝湯 料金:500円
定休日:水曜日(8/10月は無休) 営業(入浴)時間:9:30:00〜19:00 
駐車場:無料20台程度

温泉データ
含鉄-ナトリウム-カルシウム-塩化物泉 源泉温度:45.5度 成分総計:23.35g/kg 
湯量:45L/分 pH:- 清掃周期:週一回 源泉までの距離:150m 
源泉所在:自家源泉 性状:濃い赤褐色・塩味
加温:なし 加水:なし 完全掛け流し

個人的評価(10点満点)
秘湯度:8 珍しさ:9 アクセス:3 サービス:6 満足度9 総合:8
これだけの高評価を付けたのはたぶん初めてかもしれない。
ここは以前から是非来てみたかったが、なかなか機会がなく、小さい子供を連れてだと場所柄難しいかもしれない。
私はよく「秘境」という言葉を使うが、ここ、「秋山郷」ほど秘境という言葉がお似合いな場所はないのではなかろうか。
その秋山郷のかなり奥のほうにある小赤沢温泉は、その素晴らしいロケーションや、濃厚すぎて肩から下が見えない赤褐色の湯が特徴である。


秘境の道をひた走り、ようやくたどり着いた楽養館。ここまで辺鄙な場所にあると着いただけでありがたく思えてくる。
ただ、この温泉は私のような温泉フリークの他に、苗場山の登山者が多く利用するようで、入り口に登山バッグの置き場が用意されている。
苗場というと、
苗場スキー場を連想するが、この場所を地図で見てみると思いのほか苗場山や苗場スキー場に近い。
トンネルを掘れば越後湯沢や月夜野のほうへのアクセスがグッと楽になるような気がするが需要は少なそうだ。それに私を含めそれを望んでいる人は少ないと思う。


そして最大の特徴がコレ↑成分総計が1kgあたり23.350mgとある。
普通の温泉が平均1.5mgくらいだと思うし、濃度が濃くても5mgくらいが普通である。
この温泉はそれを余裕で上回る23.35mgというとてつもない濃度を有しているのである。
お客さんが他にいたので浴室の写真は無いが、栄村の公式HPなどを見ていただければわかる通り、浴槽のフチや床がコテコテの析出物で覆われていて模様が出来ている。
朝イチで入ったので、湯の表面に膜が出来ており、それを破りながら入るという特異な体験もさせてもらった。



温泉のせいですぐに錆びてしまうのか、建物や家具はほとんど木製となっていた。
入浴後、山菜蕎麦をいただいたが、とても美味しかった。

なお、11月初旬から4月下旬までは豪雪地帯のため休館となります。
ゴールデンウィークに行きましたが所々に残雪もありました


この素晴らしい景色と素晴らしい温泉。
文句なく最高得点です(2016/5現在)



温泉周遊記TOPへ戻る



TOPへ戻る