Travel Maker    全国温泉周遊記

目次
トップページ
日記
都道府県別レポート
実録!スキー場レポート
制作環境
ベストピクチャー
管理人紹介ページ


格安スキー・スノボツアーなら↑


ウィンタースポーツ用品なら↑
新潟県上越市 桑取温泉 くわどり湯ったり村
公式ホームページ:http://kuwadori.jp/kuwadori/hotspring/index.html

施設データ
住所:新潟県上越市皆口601 TEL:025-541-2611
風呂:内湯男女各1 露天風呂男女各1 料金:500円 定休日:第一木曜日
営業(入浴)時間:10:00〜21:00 駐車場:無料100台程度

温泉データ
単純温泉 源泉温度:31.2度 成分総計:0.075g/kg 
湯量:44L/分 pH:- 清掃周期:週一回 源泉までの距離:ーkm 
源泉所在:ー 性状:ほとんど無色澄明・無味無臭
加温:有り 加水:無し 循環ろ過式 塩素系薬剤消毒 

個人的評価(10点満点)
秘湯度:6 珍しさ:5 アクセス:3 サービス:6 満足度6 総合:5
かなり分かりずらい場所にある温泉です。
山奥にある施設ですが、ついてみるとなかなか今どきの公衆浴場といった感じで神奈川にある温泉施設となんら変わることはない。



とてもきれいな館内で、脱衣所も不衛生な点は見当たらない。
 
1999年にできたばかりの上越市の市営施設であり、市街地からはかけ離れた山中にあるがしっかりとバスも通っている。



館内の至る所に「木」が採用されており、脱衣所のロッカーやテーブル、椅子など、素材の統一感が醸し出す一貫したデザインはこだわりが感じられる。建物の外観含め、意匠設計の手によるものかもしれない。
浴場にはいると強烈な塩素臭がしていて、まるで近所のスーパー銭湯のような香りが感じられた。
塩素系消毒の独特の臭いであり、この手の大衆浴場には多い。
個人でこじんまり営業している温泉や、昔ながらの古き良き湯治場などにはそうゆう臭いはない気がする。




そして残念なのは泉質。
右の成分表を見ると成分総計:0.075g/kgとある。
これはギリギリ温泉にはなるが、もう少し源泉温度が低ければただの地下水となってしまうような成分の薄さだ。

だから泉質にこだわってはいけない。
そのかわりこの温泉は桃源郷ともいえる抜群のロケーションと、市営施設ならではのトータルレクレーションエリアという近隣市民の憩いの場になるようなタイプの性格を持っている。

温泉周辺には遊歩道が用意され、宿泊施設も公園もあり、食事だってできる。

一日のんびりするにはいいかもしれないが、旅人がわざわざ来るようなありがたみが少ないのは事実である。

ただ、この地は上杉謙信ゆかりの地であり、山往来(軍用道)があった歴史ロマンがあふれる場所であることは付け加えておく。

上杉謙信は戦国武将最強とも言われる毘沙門天を崇拝する武将であり、ライバルの武田信玄との度重なる戦いが語り継がれている。

ここからそう離れていない場所に有名な川中島の決戦場跡も残っている。


泉質は特筆すべき点がないが、単純温泉で成分濃度が薄いため、湯あたりすることがなく長時間入っていても問題はない。
時間に追われず、のんびりと休日を過ごしたい人にはお勧めの温泉です。



温泉周遊記TOPへ戻る



TOPへ戻る